自由が丘ブログ

2017年4月

MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT
SUN
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 

2017年4月

ブログ一覧

rss

自由が丘ブログ

自由が丘を略してなんと呼ぶのか

投稿日時:2013/05/09(木) 14:29


風薫る良い季節になりましたが、みなさんいかがお過ごしですか。
自転車、乗ってますか?タイヤの空気圧、下がっていませんか?
クロスもしくはロードバイクの方は8気圧ぐらいを目安に空気いれてくださいね。
ママチャリは、ちょっとわかりませんが、指で押してみてグニュっとなったら
空気足りないのでいれておきましょう。(グニュの感覚は身体でおぼえるべし!)

さて唐突ですが、自由が丘って、略してなんと呼ぶのでしょうか。

たとえば
下北沢なら「しもきた」。
三軒茶屋なら「さんちゃ」。
学芸大学なら「がくだい」。
池袋なら「ぶくろ」。
新宿なら「しんじゅく」(あれっ?)

そんな感じで略して呼ぶことが多いのですが、
「じゆうがおか」と6文字あるくせに、なかなか略して呼んでいる人を見たことがありません。

ということで、以前、私が考えた案があります。

「がおか」

どうですか?
呼びやすいですよね?3文字だし。
普通?
普通ですよ、そりゃ!地名なんだし。キャッチーにしてどうするんですか!

 

で、この略語をむかし、某SNSの地元コミュニティの飲み会で話したら、変だと言われまして。
自由が丘に生まれ育った人たちは、

「おかじゅう」
と呼ぶんだよ、と諭されました。

諭されたというか、俺らは昔から自由が丘に住んでいて金持ちなんだよ、
おまえらみたいにフラフラやってきて自由が丘に住んでるとかいうなよペッ、ペッ!
と言われた気がして(勝手な被害妄想です)
いまいちしっくりきません。
かいじゅうみたいだし。

ま、がおか、も今改めて考えると「ひばりが丘」も「つつじヶ丘」も全部「がおか」に
なってしまいますから、自由が丘の略語とはいえませんね。


そういうわけで、自由が丘は略さずに「じゆうがおか」と呼んでください。
みなさんがお住まいの街は、なんと略されているんでしょうか?



次回こそは、わたしのお洒落アンテナにひっかかったお洒落な店を紹介していきます。
どうぞ、お楽しみに。





自由が丘は本当にお洒落なのか?

投稿日時:2013/04/04(木) 15:08


こんにちは、クリエィティブの遠藤です。
本日からわたくしの住んでいるお洒落な自由が丘のお洒落な情報を、
お洒落に書いていこうと思っております。

まず最初に、自由が丘は本当にお洒落なのか?と良く聞かれますので、
そのあたりについて、ご説明いたします。

あ、いま、そんなことはどうでもいいから、お洒落なイタリアンでも紹介しやがれ!などと
お洒落じゃないことを思いましたね?

その話題は次回以降にとっておくとして、
少し、この街の本当の魅力、
つまりお洒落といわれる所以を考えてみました!ドーン!(机を叩く音)

................。
2分くらい考えましたが、結論としてはお洒落かどうかなんて、わかりませんでした。スイマセン。


ですがこの街、居心地がいいことには間違いありません。

なぜ居心地いいのか?をチカラいっぱい考えてみて、わたしなりに結論がでました。

自由ヶ丘という街には「界隈」があるから。です。
道幅が広く、綺麗に区画整理され、チリひとつ落ちていない、街はたくさんありますが、
自由が丘はそれとは全然違うのですよ。
そういう意味でいえば、お洒落でもなんでもないですね。
(もちろんゴミがあふれている、という意味でもありません。念のため)

駅前のロータリーこそ綺麗に整備されましたが、ちょっと歩くと小道の連続。
お洒落といわれるショップの横に、古くからあるお店もある。
カフェもあればスナックもあり、おじさん向きの飲み屋街だってあります。

そして実はこれが界隈を生み出す大きな要因だと思いますが、
大都会、東京砂漠の象徴である「大規模商業施設」や「高層建築物」がほとんどない、
ということでしょうか。
駅前にある東急ビルがいまのところ一番の高層だと思います。
あとは低層の建物なんですね。

わかりやすく言いますと
「新宿ゴールデン街をきれいにした」感じ!ダーン!
(コーヒーカップを机に叩き置いた音)

あれ?なんか違う気がしますが、まぁ察してください。

わたくしの心の師匠である浜野安宏さん(浜野商品研究所)が言われてます。
界隈を生み出すには、きれいな建物を用意したってだめなんだ、と。
区画整理して道を広げても、ファッショナブルな建物をつくっても、
そこに人を惹きつけるものがない限り、界隈は生まれない。
そして人を惹きつけるものは、暮らしであり、文化であり、決してモノだけではない。
と、確かそんな内容だったと思います。

ゴチャゴチャしてるけど、ほんわかしてる。
だから居心地がいいし、そのゴチャゴチャ感が人にはお洒落に思えたりするのではないでしょうか。
それは恐らく自由が丘という街自体、古い歴史があるからなんでしょうね。
暮らしの文化が根付いている。
そこが道路の幅も広くてきちんと区画整理された綺麗な街やエリアとの違いでしょうか。

IMG_1181.JPGIMG_1182.JPG
ただ、ここ最近お気に入りの店がどんどん移転や閉店していってます。
もうこればかりは、悲しいけれど仕方のないことかなと思うのですが、
その跡にはいるのが、ほとんど銀行、ってところが許せません。
見た目的なものもありますが、外に開かれていませんよね。
ま、開放的な銀行ってのもどうかと思いますが、界隈の流れを少し意識していただきたいのです。
この界隈を意識しないっていうところ、
最近の例でいうと、あえて名前は挙げませんが、表参道ヒルズとか。
きれいな建物で僕の好きな建築家が関わりましたが、ただきれいなだけのような気がします。
表参道の雰囲気をぶちこわしている気もするんですが、わたくしの気のせいですね..........。

というわけで、「自由が丘はお洒落かどうかわかりませんが、居心地が良い街」です。
機会があれば散策してみてください。
怪しい小道がたくさんありますから。


次回からは、わたくしのお洒落アンテナが受信した、
自由ヶ丘のカフェ、レストラン、居酒屋などをお洒落にご紹介してまいります。
お楽しみに。